ECサイトのデザインの素材

ECサイト作成サービスのまとめ

ECサイト作成サービスのまとめ ECサイトを立ち上げる場合に利用が進んでいるのがECサイト作成サービスです。
このサービスは初心者でもすぐに通信販売サイトがスタートできるのがメリットですが、作成するECサイトに合わせてサービスを選ぶ必要があり、初心者の場合は特にいくつか注意したいポイントがあります。
1つめは決済代行サービスです。
クレジットカードが使える場合が多いですが、どのクレジットカード会社が使えるかが重要です。
一般的にVISAやJCBなどが利用できればほとんど対応できるのですが、対応する客層に合わせて多くのクレジットカード会社と提携している方が有利です。
また、利用手数料がかかりますから商品の価格帯と合わせてサービスを選ぶ必要があります。
2つめは配送です。
独自の配送システムを利用している場合もありますが、多くはサービス会社のサービスを利用することになります。
サービス側でどのような運送会社に対応しているかも重要な選択ポイントとなっています。

ECサイトを自作で構築する前に知っておきたいこと

ECサイトを自作で作る際に注意したいことがいくつかあります。
1つは決済部分です。
決済については代引きや銀行振込からクレジット決済が主流になってきています。
しかも、リアルタイム決済が必要であり、自作できない部分もあります。
この場合、決済代行サービスを利用することになりますが、多くのサービスでAPIが提供されています。
APIは使いやすく設計されていることが多いですが、ECサイトによっては合わせられないケースもたたあります。
自作のメリットとしてカスタマイズのしやすさがありますが、APIとの連携を踏まえた設計が大事です。
2つめはデザインです。
HTMLとCSSで作成されることになりますが、テンプレートを利用できるようにすることでカスタマイズ性能が格段に向上します。
テンプレートはWPなどでも利用されている技術であり、オープンソースで取り込めるテンプレートエンジンも多数ありますので有効活用したいものです。