ECサイトのPVのチェック方法

ECサイトの作成で大事な事

ECサイトの作成で大事な事 ECサイトはただ作っても売上には繋がりません。
3つのポイントを踏まえて作ると良いです。
1つ目はサイトの自由度です。
スマートフォン、パソコンとさまざまな画面サイズでECサイトにやってきます。
そのため、デザインを自由に変える仕組みがある構築ソフトを利用したいものです。
また、スマートフォン専用でサービスするサイトも増えていますが、まだまだパソコンユーザーからのPVも期待できますので偏らずにマルチ対応をしておきたいところです。
2つ目は検索サイトの表示順位です。
通常のサイトとECサイトは違うと考えがちですが、PVがなければ売上に繋がりにくいのでサイト作成時はSEOもしっかり頭にいれて構築したいところです。
3つ目はSNSを意識した作成です。
検索サイトでは多くのPVが取得できますが、商品ごとの紹介はSNSで行われます。
SNSへの積極的な対応は良客を得るための大事な工程です。
また、すでに紹介されている方がへのさらなる情報提供も大事です。

著作権の保護範囲とECサイトのアイデアに関して

この世界に存在する創作物は、自然と著作権によって保護されます。
この法律の要は「自然に」というところです。
いわゆる業態団体や管理組織等に個別に申請する事はありません。
実際に幼稚園児が描いた落書き、素人が適当に作った音楽、無名のイラストレターの作品なども確実に著作権によって、完成と同時に自動的に保護され、勝手に他人がそれを販売したり、複製する事は認められていません。
しばしば商標権と著作権を混同し、無名または素人の作品は法律の保護を受けていない、よって他人が無断で商業利用してもよいと断言する方がいますが、それは危険な曲解で、明確な違法行為となります。
ただ一方で境界線が曖昧なのが、ECサイトのアイデアです。
原則としてありとあらゆる創作物が保護される著作権の世界ですが、いわゆるアイデアは保護の対象外になります。
ECサイトのアイコンやデザイン、ロゴマーク等を盗用された場合は、その相手を訴える事が可能ですが、 レイアウトを真似された、カラーリングが似ている程度ではアイデアの模倣となり、限りなく雰囲気が似ていたとしても、それによって権利侵害を追及するのは少々難しいのが実情です。