ECサイトのPVのチェック方法

ECサイトのPVのチェック方法

ECサイトのPVのチェック方法 ECサイトはPVが大事です。
実店舗同様、お客様の数がしっかりないと売上には繋がりません。
一部、商品が特別でPVよりも決まった固定客がいるサイトもありますが、多くは不特定多数のPVをまず大事にすべきです。
PVはECサイトのどのページを見ても1カウントですが、ログをしっかりチェックしてさらに深くPVをチェックしたいところです。
ログで分かることはサイトを訪れた日、時間、利用してるブラウザなどですが、クッキーを利用することで滞在時間やどのようにサイトを見ていくかもわかります。
特に滞在時間は重要です。
オンラインショッピングサイトの場合、商品ごとのPVが重視されますが、滞在時間が短ければ売上に繋がらない可能性が高まります。
重要な事は記帳なインターネットの視聴時間を自分のECサイトで費やしてもらうことです。
滞在時間がしっかりあれば売上に繋がりますし、レコメンド機能を設置すれば客単価を上げることにも繋がります。
お客様は多数のECサイトをチェックしますので、わかりやすく、他の商品も見たいという気持ちにすることが大事です。
このためには分かりやすい文章、図、可能な限り動画まで用意してお客様に満足してもらうことが大事です。

簡単にECサイトを構築する方法

ECサイトはデザインを除けば簡単に構築できるようになりました。
デザインが標準のままでも良ければ決済も豊富な状態ですぐに利用できます。
これらはレンタルサーバとクラウド方式があり、コストなどを考慮して選ぶことになります。
レンタルサーバでECサイトを構築するのが簡単な理由はウェブ上にある管理コンソールからボタンでインストールできるからです。
ECサイトを構築するソフトウエアはオープンソースタイプが多く、ウェブサーバやデータベースを初期設定してくれますし、デザインを後から自由にいじれます。
また、商品登録もすぐに初められますし、サービスによってはCSVなどまとめて登録する機能が搭載されている場合も多くなっています。
クラウドタイプも似たサービスがありますが、レンタルサーバ式と違ってコスト計算が利用時間となっているケースが多いです。
そのため、深夜などPVが少ない時にはサーバ使用量が減るのでコストが下がるようになっています。
また、SNSからの爆発的なPVにもサーバをすぐに増やして対応してくれます。
レンタルサーバ方式の場合は急なPVの上昇に対応しきれないことが多いのでSNSを活用するならクラウド式はチェックしておきたいサービスです。